teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:8/2915 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

プシュ!…

 投稿者:羽前の國の教師  投稿日:2020年 5月 7日(木)00時10分55秒
  通報
  一昨日の夜、録画の準備もした上でTVの前に陣取り
夕張鉄道の9600蒸機重連石炭列車の画像を見ながら
缶ハイボールを「プシュ!…」としたところで、緊急地震速報が入り
番組は中断してしまいました。
…で、私も本日の午前中に再放送を視聴&録画しました。
まぁ、欲を云えばキリがありません。
「感染者がまた○○名に…」とか「これはやはり●国の生物兵器…」
なんちゅう番組に比べたら500倍マシです。

ところで最近、量産品の模型の部品や車番付けに飽きたおじさんは
(なんか、ず~っと説明書通りに作業していると、妙にイラつくんですよね…)
禁断の2両に手を付けてしまいました。

その1:スロ54北海道形
数年前に中古で結構安くゲットしました。
谷川模型のバラキットを組んだものですが、メーカー特製完成品か
セミプロまたは超手練れの方の製作と思われ、組み立て・塗装ともかなり優れたレベルです。
ただ、連結器が外国製の安っぽいものでしかも壊れており
台車の枕梁が曲がっていて車輪がすぐ外れてしまいます。
…で、まずは連結器をKadee No.5に換装し高さも調整。
台車は曲がりを直すついでに、以前ストックしていた日光モデル製スポーク車輪に交換。
(やっぱTR11やTR23はスポーク車輪っしょ!!)
さらに、部品箱にあった「特急グリーン車シート」(TOMIX製)というのを試しに合わせてみると
なんと窓割りにピタリ一致!(当たり前と云えば当たり前ですが…)
ということで、例の白カッティングシートのシートカバーも付け、プラ板で客室仕切も装着。
せっかく内装付けたから白色LED照明も組み込み、部屋の灯り消してハイボ缶を「プシュ!」…

その2:オロハネ10
10年ほど前に北千住の店まで行って購入したFUJI MODEL製品。
窓枠・窓硝子を貼り台車と連結器付けた後、放置状態でした。
まずは便所・洗面所窓に貼ったガラスをいったん外して
アルミ製の中桟付き窓枠部品(コレ、キットに付属して無くて別売り)を入れて窓硝子貼り直し。
これまたTOMIX製部品のストック「オハネ12内装」「オロネ10内装」から
使えそうなトコロをレザーソーでギコギコ切り出し、既製品のシートカバー(青・臙脂)貼り。
もちろんLEDで室内照明装着。ストック部品で、台車の北海道型歯車式車軸発電機や
便所・洗面所流し管も付けて塗装し、これも整備完了したところで「プシュ!」

少しずつ手先の技術も戻ってきたようで、
0.55㎜のドリルで穴を開け、旧客のデッキドアの取手ハンドルの部品(大きさ0.8㎜四方位)
なんて工作もできるようになりました(ボケ防止には最適ですね)。

これで、あとは手持ちのプラ量産品(TOMIX製)のオハネフ12・スハネ16を整備し
今年の年末か来年発売予定の天賞堂スハ45・スハフ44を入れると
ようやく念願の急行「大雪」「利尻」編成が出来そうです。
 
 
》記事一覧表示

新着順:8/2915 《前のページ | 次のページ》
/2915