teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:10/2871 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

遅くなりましたが、

 投稿者:offpon  投稿日:2020年 1月28日(火)21時38分52秒
  通報
  今年の北海道の実績です。


1月17日(金) 東京→盛岡(泊)
------------------------------------
仕事を終えて急いで東京駅へ。
ホームの売店でおにぎりを2個購入し、
こまち(E6)に乗車しました。
車内は意外とすいていて、
大宮駅を過ぎても窓際の席にはいくつか空席がありました。
私の隣の席には誰も来ないまま、
20時少し前に盛岡駅に到着。

市内を少し散歩し、
途中で見つけたスーパーで
日本酒の小瓶(あさ開純米大吟醸300ml)と
黒ラベル東北ホップを1本ずつ購入しました。

ホテルに到着後、
すぐに大浴場でひと風呂浴び、
帰り際に無料のラーメンを食べ、
部屋でビールを飲んでその日は大人しく寝ました。


1月18日(土) 盛岡→新函館北斗→長万部→倶知安→小樽→札幌(泊)
------------------------------------
ホテルから徒歩約5分の福田パンで
コッペパンを2個購入し、盛岡駅へ。
うち1つはこの日の昼食用で、
もう一つは翌日の昼食用です。

乗車したはやぶさ(H5)は
コンセント以外にも床やデッキの色とデザインが
E5系と異なっていました。

新函館北斗では
函館に寄る予定を変更し
1本前の北斗で長万部に向かいました。
途中からの乗車でしたが、
運良く座れ、隣もあいたままでした。

長万部では
まだ2時間近く時間があり、
どうやって時間をつぶそうかと考えながら駅舎を出ると、
交差点の反対側から見覚えのある顔が。
15分前の普通列車で着いたという松オフ氏でした。

すぐ近くにKY氏お勧めの「自由席」という
無料休憩所があるというので行くことに。

そこは
カニ飯屋の店舗の隣に自由に利用できるスペースを設けたもので、
入ると中は暖かく、広々としていました。
列車より幅のあるスペースに転換クロスシートが備えられ、
まさに列車の自由席がそこにありました。
おかげさまで素晴らしい場所で
窓際に酒瓶を並べて休憩と昼食を堪能することができました。

駅に戻って、
山線の普通列車でも同じように車窓に酒瓶を並べ、
山頂までくっきりと見える
ニセコアンヌプリと羊蹄山を眺めながらの0次会となりました。
ただ、羊蹄山が中山峠側から見るいつもの形と違っていたので
しばらくは別の山かと思っていました。

その後、
倶知安と小樽で乗り換え、
札幌駅で松オフ氏と別れ、
私はそのままカプセルに向かいました。

ひと眠りしてからカプセルを出て
地下道を通ってすすき野に行きました。
交差点の写真を撮ろうとうろうろしていると、
誰かが声を掛けてきました。
本日2度目の松オフ氏との遭遇でした。

羊の会は
時間前にKY氏と教師様が登場したので、
すんなりと始まりました。

今年はクーポンの関係で
ビールはドライと黒の2種類だけでしたが、
楽しく飲み食いしていると、
本日3度目の遭遇がありました。

私が最初にトイレに行って戻ってくる途中のことでした。
窓際正面の席に見覚えのあるおじさんが
ゾウアザラシのように座っていました。

AVか何かで若い女性をスカウトしている
怪しいおじさんかと思いましたが、
よく見ると山下氏とご家族でした。

次回はサプライズではなく、普通に参加しましょう。

2次会は
いつものカラオケ店で定番の曲を堪能し、
3時間で店を出ました。

今年は曲選びに迷っている間のつなぎとして用意している
「潮風の少女」を皮切りに、
去年の宿題だった「時間の国のアリス」、
松田聖子と河合奈保子を中心としたアイドルの歌で盛り上がり、
中島みゆきの歌で大きく落ち込み、
KY氏の「死ね死ね団」で納得し、
映像狙いの曲で再び盛り上がって
あっという間に3時間が過ぎました。

なお、今年は定番の曲に加えて、
新しい曲にもチャレンジしました。
A面でない松田聖子の歌を入れたところ、
教師様の反応が予想以上に良かったので安心しました。

 真冬の恋人たち、Only My Love、制服、マイアミ午前5時

ほかに、アイドル系では
 少女人形、デリケートに好きして、
 くちびるNetwork、ファースト・デイト、
 見知らぬ国のトリッパー、ラブリードリーム、
 大きな森の小さなお家、invitation、微風のメロディー、
 パステルブルーのためいき、夢色のメッセージ、
 潮風の少女、春色のエアメール、・・・

まだまだ歌いたい歌はこの何倍もあるので、
羊の会の2次会以外でも集まって
思う存分カラオケを楽しめる機会があればと思いました。


1月19日(日) 札幌→釧路→根室→東釧路→網走→北見(泊)
------------------------------------
札幌では去年に引き続きカプセルに宿泊しました。
今年はすすきのではなく、
2段式ではない大通りに新しくできたカプセルにしましたが、
それでも意外と不自由でした。
そして、朝食代を除くと翌日の北見のホテルの方が安いということに
違和感を覚えました。

それはともかく、
朝6時30分にカプセルを出て駅に向かう予定でしたが、
いつのまにか10分以上遅くなってしまいました。

西4丁目電停前のカプセルから15分しか時間がなかったので
地下道を急いで歩いて、札幌駅に向かうと、
改札まで10分で到着しました。
地下道が出来て本当に便利になりました。

発車2分くらい前にホームに着くと、
オホーツクに乗車する松オフ氏とKY氏がいました。

この日は朝7時ちょっと前のおおぞらで釧路に向かい、
根室を往復して釧網線に乗りました。

釧路で乗り換えて少しすると、
何度も急ブレーキがかけられ、
そのたびに鹿の群れが逃げていく様子を目撃しました。
やはり鹿が多いようです。
鷲と思われる鳥も何羽か見かけました。

根室駅に到着し、駅前の様子を見に行くと、
銚子駅のような駅舎と駅前だったかと思っていましたが、
印象が全然違っていました。

わずか12分の滞在で折り返しの列車に乗車し、
釧路方面に向かいました。
予定では釧路まで行って釧網線へ乗り換えるつもりでしたが、
往きに東釧路を通った時に
大きなスーパーが駅前にあるのを発見したので、
釧路まで行かずに東釧路で下車し、
スーパーで夕食を調達して釧網線に乗ることにしました。

朝食は非常用として金曜日に買った100円のパン1個だけで、
昼食は前日に購入した150円のコッペパン1個だけだったので、
少し贅沢しようと思いましたが、
節約のために320円の弁当にしました。
そのため3食合計で税込み500円台で済み、
学生時代の北海道旅行を思わせる状態でした。

摩周駅では停車時間がもう少しあるかと思っていましたが、
こちらの列車の到着を待って
松オフ氏とKY氏の乗る反対列車が出発しました。

その代わり、知床斜里で25分の長時間停車がありました。
改札を出るとまるで別の駅になっていて驚きました。
久慈駅のような駅舎の印象がありましたが、
全然違う立派な駅になっていました。

駅前にコンビニがあったので覗きに行くと、
富良野クラシックが普通に売られていたので、
3缶も買ってしまいました。
ビール代がこの日の3食分より高くなってしまったのは不本意でしたが、
富良野クラシックはおみやげ替わりです。

網走に到着し、
反対側に停車している留辺蘂行きに乗り換えると
乗客は私ともう一人だけで、
途中から何人か乗っては降りるという状況で、
北見に到着しました。

宿泊は網走でも良かったのですが、
翌日の乗車時間を減らすために、
網走ではなく北見泊まりとしました。

駅の近くにある複数のホテルを横目に、
少し離れた場所にあるホテルに到着すると、
すぐに大浴場でひと風呂浴びて、
帰りに無料のラーメンを食べて部屋に戻り、
この日はビールを飲まずに寝ました。


1月20日(月) 北見→旭川→札幌→新函館北斗→東京
------------------------------------
この日は、北見からただ帰るだけにしました。
大雪、ライラック、S北斗を乗り継ぎ、
新函館北斗では約30分の接続で
はやぶさ(E5)に乗車して東京まで行きました。

昼食は旭川に到着する少し前に
大雪の車内で非常用に金曜日に買った100円のパンを1個食べました。

札幌付近では
前夜から朝にかけてまとまった雪が降ったようで、
木の枝に付着した雪が見事できれいでした。

ただ帰るだけでなく、
往きに寄れなかった函館に行って
念願のラッキーピエロで夕食をとり、
最終のはやぶさに乗ることも考えましたが、
変更が面倒なことと、
東京到着が1時間半以上遅くなるのでやめました。

そのため、夕食を新函館北斗で調達しようと、
改札前の大きな売店に行くと、
普通の駅弁は売っていましたが、
おにぎりなどの安いものはありませんでした。
そこで、ホームにある小さい売店に行くと、
最後の1個のおにぎりが残っていたので、
それとサッポロクラシックを1本買って、
この日の夕食としました。

朝食はホテルのバイキングだったので、
昼食と夕食の合計で450円くらいで済みました。


1月21日(火) 東京→長野→上野
------------------------------------
指定1回分と有効期間が一日残っていたので、
意味もなく長野を往復しました。
長野ではなく仙台とか新潟を往復するとか、
あずさで松本から長野を回っても良かったのですが、
帰りが遅くなることと、
遅れや運休になると目も当てられない状況になるので、
安全を見て長野往復にしました。

定時で仕事を終えて急いで東京駅に向かうと、
17時24分発のかがやきに間に合うタイミングでしたが、
指定をとらず、8分後のあさま(E7)の自由席に乗車して
終点の長野まで行きました。

車内は東京駅から既に満席で、
大宮からは座れない人が多数いました。
それでも熊谷、高崎で多くが下車し、
その先は前日までのように空席が目立つ車内となりました。

長野駅前で牛丼屋を探しましたが見つからなかったので、
1時間ほど滞在して帰る予定を変更し、
1本前のはくたか(E7)で戻ることにしました。
以前に駅前にあった松屋はなくなってしまったようです。

結局、長野駅にはわずか20分の滞在でした。
駅の売店でカレーパンといなり1個と一番搾りを1本買って、
急いではくたかに乗り込み、少し贅沢な夕食としました。


いつのまにか長くなってしまいましたが、
こんな感じです。

次回もよろしくお願いします。
 
 
》記事一覧表示

新着順:10/2871 《前のページ | 次のページ》
/2871