投稿者
 メール
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]

スレッド一覧

  1. GaGaMILANO ガガ ミラノ スーパーコピー(0)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


Re: 解禁間近

 投稿者:ayusuki  投稿日:2019年 5月27日(月)10時08分20秒
返信・引用 編集済
  > No.856[元記事へ]

 いつも情報ありがとうございます。僕も先般、楽しみで、どこそこ、偵察に行ってきました。川辺川・球磨川ともに、少し水量少なめですが、ハミあとありました。また、球磨川、夕葉大橋~木上大橋まで、水が澄んでるところを潜ってみましたが、一番は、夕葉大橋付近(けっこういます)二番は、夕葉大橋上流300M付近(ガックリするところ左岸)三番、錦大橋上流100M(左岸群れ鮎)ただ、球磨川は田植えシーズンで濁りが心配です。
 川辺川は、永江橋(緒方病院近く)のところで、潜りましたが、16CMくらいがウヨウヨしてました。あまり大きくはなってないようでした。
 あと、馬頭観音の上流堰下もいました。放流数が少ないので、実際当日にならんとわかりませんが、ルール守って楽しく頑張ってもらいたいですね。昨年は、大阪の人とやっちゃったけど、そんな年にならないように自分自身も気をつけます。なお、川を見たのは、25日(土)です。参考まで。
 

Re:

 投稿者:鮎釣ってみんね!  投稿日:2019年 5月24日(金)00時32分40秒
返信・引用
  川カッパさん
先にも書きましたが川辺川の割合は19%から27%まで増加してます。
もっと正確に言えばH29年の18.12%からH30が24.98%、本年26.83%へ増加してます。
減ってるとは書いてませんよ(^^;)
減ってるのは人吉から神瀬です。
ですので、球磨川上流を対比に出すのは違うのでは?と言う意味で書きました。
難しかったらごめんなさい。

ちなみに10年前からのデータはありますがH23年以前は天降川購入の分が入ってるので統計としては微妙なので外してます。
シーズン前半を考えれば川辺川が増えるのはうれしい事ですが後半まで考えると・・・良し悪しと言った感じです。
今年は潜水調査出来ないので各河川偵察を出しましたが・・・解禁日が怖いですね(*_*;

https://ayutsutte.com/

 

Re: 少し違うのでは?

 投稿者:川カッパ  投稿日:2019年 5月23日(木)22時51分38秒
返信・引用
  > No.854[元記事へ]

鮎釣ってみんね!さんへのお返事です。

いつも、投稿ありがとうございます。
漁協の放流実績表を10年ぐらい前から見てみてください。
昨年より、川辺川の放流割合が増えていると思います。
間違いだと、言われるのなら、私が勘違いしているかもしれません。
私も、漁協役員を引退いたしましたので、今年の放流量は、今日初めて
知りました。一昨年議論し、そうしたように、感じましたので間違いでしたら
謝ります。


> ご無沙汰しております。
> 何故一昨年の物を書かれたのかは分かりませんが、あまり表現が正しくないと思いましたので書き込みさせて頂きます。
> 何処が多いとか少ないとか言い出すと水掛け論になるので正確に数値でいうと
> 近年の放流数を%で区切って地域別で出すと球磨川合流上は全放流の20%~23%でほぼ安定推移
> 川辺川は19%→27%まで増加してます。
> また人吉~神瀬は37%前後で推移していたものを25%まで減少
> 八代坂本は12%から22%程度まで上昇してます。
> 残りの%は各支流への放流です。
> 一応、合流点の上と下、瀬戸石ダムの上と下及び支流で分けてます。
> 誰でも算数が出来れば出せるデータなので少し計算してみると良いと思います。
>
> 上記記載内容から、球磨川上流は変化が少ない(確かに減少はしているが)ので比べるのであれば人吉より下流と比べるべき内容であり釣り人でいうと川辺川も多いですが球磨川(人吉含む下流)も多いはずなので記載されている内容はあまり正しくないと思います。
> と言うか漁協が記載内容で放流したのであれば放流量の調節失敗で実質的には人吉~神瀬の分を川辺川に回したと考えた方がしっくりくると思いますが如何でしょうか?
> 八代坂本へ放流している分に関しては瀬戸石ダムが有るので上流の鮎は流下出来ないと考えると現在の%は適正と考えます。(漁協発表の放流数が正しければの話ですが。)
> また、遥拝堰下の八の字が完成したので産卵場としては良い場所が増えたと思います。(八の字周辺は禁漁設定しても良いと思います。)
 

少し違うのでは?

 投稿者:鮎釣ってみんね!  投稿日:2019年 5月23日(木)22時19分56秒
返信・引用
  ご無沙汰しております。
何故一昨年の物を書かれたのかは分かりませんが、あまり表現が正しくないと思いましたので書き込みさせて頂きます。
何処が多いとか少ないとか言い出すと水掛け論になるので正確に数値でいうと
近年の放流数を%で区切って地域別で出すと球磨川合流上は全放流の20%~23%でほぼ安定推移
川辺川は19%→27%まで増加してます。
また人吉~神瀬は37%前後で推移していたものを25%まで減少
八代坂本は12%から22%程度まで上昇してます。
残りの%は各支流への放流です。
一応、合流点の上と下、瀬戸石ダムの上と下及び支流で分けてます。
誰でも算数が出来れば出せるデータなので少し計算してみると良いと思います。

上記記載内容から、球磨川上流は変化が少ない(確かに減少はしているが)ので比べるのであれば人吉より下流と比べるべき内容であり釣り人でいうと川辺川も多いですが球磨川(人吉含む下流)も多いはずなので記載されている内容はあまり正しくないと思います。
と言うか漁協が記載内容で放流したのであれば放流量の調節失敗で実質的には人吉~神瀬の分を川辺川に回したと考えた方がしっくりくると思いますが如何でしょうか?
八代坂本へ放流している分に関しては瀬戸石ダムが有るので上流の鮎は流下出来ないと考えると現在の%は適正と考えます。(漁協発表の放流数が正しければの話ですが。)
また、遥拝堰下の八の字が完成したので産卵場としては良い場所が増えたと思います。(八の字周辺は禁漁設定しても良いと思います。)

https://ayutsutte.com/

 

放流数

 投稿者:川カッパ  投稿日:2019年 5月23日(木)20時05分56秒
返信・引用
  巻頭にも書きましたが、全体放流数は、1.597.224尾 うち川辺川が、428.000尾
合流点からの、球磨川上流には328.000尾となっています。一昨年の放流割合は、川辺川より合流点から上流の球磨川の方が上でしたので、川辺川重点の放流割合となっています。
これは、遊漁者が、川辺川の方が多くこのことを考慮した放流です。
 

(無題)

 投稿者:名無し  投稿日:2019年 5月23日(木)09時38分28秒
返信・引用
  どうして漁協と農協はこんなに差がついたのでしょう。昔から漁協は目先の事ばかり、頭悪い  わたしの地元錦川は短い川ですが4つの漁協があってもめごとばかり川に線引いて遊魚券を各売ってます。あほや  

いろんな事、、

 投稿者:鮎ノ介  投稿日:2019年 5月18日(土)11時19分30秒
返信・引用
  天然遡上は53万ほどか、、、今年は養殖系の鮎を上手に相手にしないと釣果伸びないかもですね、、

まあ今は少雨で球磨川、川辺は水量少ないけど鮎が十分に育たないうちに梅雨時の大雨で大増水が早く来ると養殖系は流され再遡上しないから更に釣れないのが通例、

遠方から来られる方は川の状態、時期見て多数の情報集め慎重に釣行する必要ありかな、、

でもどんなに悪い情報でも球磨川で大鮎巨鮎尺鮎の引き体験した鮎師なら腕が疼いて竿出したくなるもんですネ、、
でも竿出したら遊漁券買うのは普通の大人の常識、、

竿出して釣れたら後で買うとか言う自己理論展開される御仁は球磨川来ないで他の川で釣行願います

あ、カネ払ったんだから漁協とかに俺ら釣り人も釣れる釣れないの文句言える権利が発生するとかありませんよ、、

確認のために書いときますが球磨川漁協の定款には釣り人の権利なぞ一行も書いてないですよ、、

あるのは(釣り人は決まった代金を払い魚種捕獲を許可する)

だけですね、、、加えて釣り人は組合員の漁を妨げる行為は禁止とか、、、、

川は組合員のモノらしいです、、権利を言えるなら組合員になる事です、、

わりと簡単に組合員なれますから球磨川沿いの住人で釣り人なら全員組合員になって漁協変えて欲しいんですがね、、

まあ組合の主流派と非主流派のモメテル内容知るとめんどくさいから関わりたくない、、

趣味の釣りだけしてた方が良いと思うかもですが、、、
 

(無題)

 投稿者:釣り人  投稿日:2019年 5月17日(金)11時44分57秒
返信・引用
  関東を除いて今年の遡上はかなり悪い様子です。特に球磨川は最悪とのこと。地元の漁協に詳しい方が、こそっと教えてくれました。組合は相変わらずのもめ事ばっかしで、利権争い?何年経っても体質変わらず。せっかく「宝の川」があるのに真剣にならない。他県の漁協から見たら羨ましいかぎりなのに・・・やはり、人間、何事もそうですが、へんに恵まれるとその良さに気が付かないのでしょうかね?きっと、無くしてから気がつくのでしょう?160万は入れた!と言ってますが、それもどうだか?と。組合の中には真面目な方もいらっしると聞くのですが、数で潰されてしまうのかな~?
そんなことで、今年は年券は買わない方がいいよって言われました。
あと、近くの西米良もかなり悪いようですね。

 

(無題)

 投稿者:三重人  投稿日:2019年 5月12日(日)11時39分29秒
返信・引用
  今年の魚影は期待できませんかね。。。
自然相手だけに難しいですよね。
 

(無題)

 投稿者:名無し  投稿日:2019年 5月11日(土)10時54分59秒
返信・引用
  おわりました。昨年の大量の鮎大量の孵化大量の遡上のはずがガッカリどこに流れた遡上鮎  

(無題)

 投稿者:鮎ノ介  投稿日:2019年 3月26日(火)09時37分45秒
返信・引用
  お疲れ様です、今年も稚アユが遡上しだし桜も満開近しなり春の薫風が心地よい今日この頃ですね

その中で心配事は(多数の川鵜の乱舞)、川辺川もですが、なんか球磨川は昨年より数が多いみたいで、、、稚鮎大丈夫かな??

で、鵜対策するハズの球磨川漁協は、、、
総会が今月27日に開催とされてたのに組合員の郵送による議決文書が不正に集めれられたとかどうたらとかで延期とかで、、、

組合側は刑事、民事で裁判準備してますとか、、知らんわ、

裁判起こす元気あるなら乱舞する鵜どうにかして欲しいもんです、、

 

初放流

 投稿者:川カッパ  投稿日:2019年 3月16日(土)22時15分44秒
返信・引用
  河口産、掬い上げ鮎が、今年初放流されました。いよいよ、鮎放流の始まりです。  

ダブル台風

 投稿者:kawakappa  投稿日:2018年10月 9日(火)14時20分47秒
返信・引用
  今日は、人吉地方のくんち祭りです。例年この頃は、鮎が瀬付き(産卵行動)ますが、今年は遅れているようです。まだダブル台風の影響が残り、水が高い状態ですが、ボチボチ釣り人が表れ始めました。今年は、放流数が多いので、まだまだ、鮎は残っていると思います。健闘を祈ります。  

花盛り

 投稿者:kawakappa  投稿日:2018年 9月16日(日)22時12分5秒
返信・引用
  鮎掛けも、花盛りのようです。多くの釣り人が居ます。鮎もかかっているようです。
尺鮎も昨年ほどではないですが、釣れているようです。大いに楽しんでください!!
 

ルール&マナー3

 投稿者:鮎ノ介  投稿日:2018年 9月14日(金)10時16分50秒
返信・引用
  マナー2で書き忘れたので追記します、

球磨川=コロガシ釣りのだったと書きましたが球磨川は友釣りの歴史が全くなかった訳ではなくその筋では有名な(目通しと言う友釣り仕掛け)が存在してました

ハナカンで鮎を繋ぐのではなく眼球の隙間に木綿針で糸を抜き通し繫ぎ掛けバリは直接鮎の尻ヒレに抜き通し縛ってました・・、
これだと野鮎が掛かったらオトリが勝手に泳がず一直線になり尺鮎が獲り易くなる仕掛けです、(まあオトリは1発で弱り再使用に問題が残ります・・、)

鮎の取り込みは全て引き寄せで引き抜きとか誰もやってるのを見た事は無かったです

ゆえに郡上抜きとか振り子抜きと言う何々抜きの呼び名みたいな球磨川抜きとか存在してません(当方が知らないだけで存在してたらすいません)

がまかつが以前に球磨と言う鮎竿を発売してましたがコレは抜きの剛竿ではなく尺鮎の強烈な引きを胴に乗せ曲がりで引き寄せるタイプでした、
同じくダイワも粘りと言う球磨川対応の竿を出してましたがこれもコンセプトはがまかつと同じで引き寄せで獲る竿でした・

球磨川、川辺の大鮎、巨鮎を無理に抜きにかかったら当時の竿は折れるか糸が切れるかだったので鮎が掛かったら下流にダッシュして下るか竿の粘りで徐々に引き寄せ取り込むのが常識でした、

ゆえに近くに釣り人が居ると余裕が無くなり取り込みが困難となり一定の距離を開けるのが地元の常識でした、

最近の竿や糸が幾ら頑丈になったとは言え球磨川の鮎ですので知り合い以外の方が下流に挨拶も無く入られると取り込みが困難となる為に竿1本間隔では嫌う理由だと解釈して下さい、

なんにせよ地元組も遠征組の方も挨拶を交わし相手を思いやり楽しく快適に球磨川、川辺川を楽しんでもらいたいと思います
 

ルール&マナー 2

 投稿者:鮎ノ介  投稿日:2018年 9月13日(木)12時43分8秒
返信・引用 編集済
  チョイ昔の話をします、

球磨川、川辺も30年前は鮎釣りと言えば(ガックリ掛け)コロガシ釣りが主流で平日は一人一瀬の状態で鮎釣り出来てました、

当方も30年前コロガシ釣りから入りましたが友釣りの面白さにハマリ以後は年間60日は川に・・、

コロガシ全盛の頃は友釣りの人が少数派だったのでまあ所敵わずルールー無用とばかりに周りでオモリをドボン、ドボンとヤラレテましたね、

で、20年前位にに熊本県内水面漁法の改正か厳守になったかで県内河川コロガシ釣り方が全面禁止になり友釣りの天下となりましたが(1年後に漁協が県に陳情し8月からコロガシ容認地区を設け・・要らん事をと思います)
また内水面法で戦の瀬は禁漁区としてあったとかで釣り禁止ともなりました(こちらも即解除)

その頃から人吉に高速道路が開通し、熊本空港、鹿児島空港との交通の便も良くなり全国から多数の鮎釣り師が訪れる様になりました

その中で地元の鮎釣り師はシャイな肥後もっこす気風(寡黙で気難しいが筋を通してくれれば即仲良くなる)で暗黙のルールを作り極力迷惑を掛けない距離を保ったと思われます、

地元鮎師も各メーカーの競技会に参加してたり全国大会に行くメンバーが居たクラブも存在してましたしメーカーテスターも存在していますので田舎の野蛮な野武士野郎ばかりではありません、

まあ中にはここは俺らの場所だからドケとか言う地元の恥みたいなアホも存在してましたのでそんなアホな輩には関わらない様にして楽しく釣行され球磨川と川辺の大鮎、巨鮎、尺鮎の物凄い引きを堪能して欲しいものです



 

地元人さんへ

 投稿者:名古屋人  投稿日:2018年 9月13日(木)00時35分17秒
返信・引用
  9月6~9日まで球磨川辺で鮎釣りを楽しんできた名古屋人です。地元人さんの仰ることは正論ですが、言葉に正当性を持たせるには下品な言葉を使うと論点がズレて論点の本質を失います。しかし言いたいことは良く分かりますが!当方は昨年に引き続き2回目の球磨川辺でした。名古屋にいる時からGoogleで徹底的に地図を調べ、入川口、水位、気象、毎年の尺鮎記録からのデータの割り出し等、Mちゃんおとりの奥様をしてここまでやる人はじめて見たと仰る位にやって人吉に乗り込みました。鮎釣りポイントは無限にありますが、A級ポイントはそう多くはありません。よって鮎と対峙する前にまず人に勝たなければなりません。皆対等の条件では早い者勝ちの原則がゼッタイです。朝5時半に目指したポイントに地元の老人の車が停車し竿出しを待っていたのでそこは諦め次のポイントへ入りました。そこで良型を沢山釣りましたが後からこられた地元の70代の方はその場所の常連でした。その2人連の方々は私の下には入らず上に一定の距離をとられての釣り歩きをされましたのでとても穏やかに釣行ができました。しかし別の日のに球磨川で遠征と見られる人に下に入られ、私にジリジリ近づいて来るのには呆れました。ルールは調べなければ分かりませんが、マナーは相手の立場になって考えれば分かります。老人すべてが悪い訳ではありませんが、老人に我侭な人が多いのも事実ですし、またそういった人達に常識や理屈は通用しないことも困りものです。やはりオトリ屋さんでマナー書をプリントして手渡すなど球磨川辺のオトリ屋さんが一体となって取り組んでくれれば良いなと思っております。  

(無題)

 投稿者:弱気な天使  投稿日:2018年 9月12日(水)16時30分29秒
返信・引用
  都会人さんへ
「熊本には、こんな言葉の悪い人が居るなんて!同じ九州人として恥ずかしい限り!!」
には、ちょっと・・・・

私は熊本の人間で、アユつり大好き人間です。地元人さんの肩を持つつもりはありませんが、都会人さん、地元人さんの立場になって考えてください。
地元人さんが、あそこまで言われるには、それ相当のことがあったと考えられます。私も以前に、我慢に我慢をしてブチ切れたことがあります。

もし、あなたが地元人さんと全く同じ場面に出くわした!としたら(そんな場面にあったことがありますか?)冷静にいられると思いますか?
何を根拠に言うかというと、昨年や、一昨年の投稿記事を見ても同じようなことが起きていて、ヤラレた方たちは皆さん憤慨されています。

地元人さんが、最後に書かれていますように、この問題は全ての釣りを愛する人たちが楽しく、気持ちよく遊んで頂けますように!とのご配慮だと思います。(皆さん一人一人で配慮しましょうね、と言うことだと察します。)
都会人さんが、同じ九州人として恥ずかしい限りです!!!とおっしゃるなら最初からそんな場所へはお見えにならないほうがよろしいかと思います。
トラブルが起こりそうな場所へは行かないことが賢明ですし、熊本人としてもあまり気持ちのいい文面とは言えないような気がします。
誤解が生まれると、熊本人全てを敵に回しかねません。
それこそ、楽しい釣りが、釣りどころではなくなってしまいそうですよ。

球磨川、川辺川は今や全国区です。
都会人さんが言われるように、アユ釣り師が一度は行って見たい憧れの川です。
そんな方達は、ほとんどの方がこの掲示板を見ておられると思います。そういう意味では今回の地元人さんの投稿は大変意義あるものだったと思いますし、この投稿がきっかけで一人でも多くの方々がルールや、マナーを考えて下さるなら、本当に楽しい、気持ちのいいアユ釣りが出来るのではないでしょうか?
 

マナーとルール

 投稿者:都会人  投稿日:2018年 9月12日(水)11時08分17秒
返信・引用
  マナーは都会も田舎も同じではないでしょうか!?
日本全国で日本人であれば・・・。

ただ地元のルールについては、地元外の人には分からない(通用しない)のでは?
他県人に地元のルールを守らせる(押し付ける)のであれば周知徹底するしかないのではないでしょうか?
周知徹底の方法が問題ですが・・・。

今年、初めて球磨川釣行を9月18日から27日までの予定で計画していましたが、地元人さんの投稿を見て中止します。私の出身は福岡県久留米市で都会に来て鮎釣りを始めた時から、夢は球磨川で鮎釣りをする事でしたが、「くそじじい!」や「絶対に来るな!」等の言葉を目にした時点で気分が悪くなりました。
熊本にはこんな言葉の悪い人が居るなんて! 同じ九州人として恥ずかしい限りです。

今年は矢部川、星野川、三隈川で鮎に遊ばれます。マナーはしっかり守り! しかし地方のルールは分からないので、迷惑を掛けないようにします!!

来シーズン球磨川釣行の時には囮屋さんに、しっかり球磨川ルールを確認して入川したいと思います。
 

今日の川辺川

 投稿者:kawakappa  投稿日:2018年 9月11日(火)14時27分28秒
返信・引用
  川辺川は、薄濁りで、昼頃は、柳瀬橋付近でも、釣りの人を3人見かけました。
釣りは可能のようです。
 

/45