投稿者
 メール
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]

スレッド一覧

  1. GaGaMILANO ガガ ミラノ スーパーコピー(0)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


無対策で良いの?

 投稿者:鮎ノ介  投稿日:2019年 8月28日(水)08時58分38秒
返信・引用
  球磨川漁協組合の意見問い合わせのメールが閉鎖されてるとか・・、

コラ、俺がヤリますと手を挙げ漁協の役員幹部とかやってんじゃないのか?

閉鎖で無視しだんまりで逃げるの?来期に向けて対策打つ計画ですとか言えないの??

球磨川や川辺の堤防沿い通ると鮎刺し網の船が引き上げたままが少なからず見えます、、、

鮎漁するベテランが早々と諦めてるのか廃業したのかわかりませんが良いのこれで??

今年の現状はもう良転する事はないでしょうが来期の為に動いてくれるんでしょうね?

来年の稚アユ遡上促進のために下流部の親鮎捕獲制限するとか、
養殖系の稚アユ放流の精査をやる(現在捕れてる信じられない小型鮎を調べDNA検査し同じDNA型の稚アユ放流とか止める・・、数さえ放流すればOKの現在の考え方を改める)

天降川産の稚アユ買付再開する(天降川産1匹で養殖系数匹買えるからとの質より量の考えもどうなんだろう?)

自然がオカシイのでしょうがないよね・・、で、無対策なら球磨川、川辺は終わりますよ、、

平成の初期まで存在してた球磨川ネイテブ鮎(闘争心で目つきが鋭い四本指幅の背中が盛り上って尾びれの切れ込みが深い大鮎)は養殖系を放流しまくりで種が混雑して絶滅したみたいですよね??

大鮎巨鮎、尺鮎が魅力の球磨川で今の時期に12cmの小鮎なんて信じられませんよ、(放流少な目で河川状態もそう悪くないのになんで今の時期こんな小鮎が少なからず居るのは何故??)

もう1回言います(誰に強制された訳でも無く、自分で手を挙げ河川魚類増殖と資源保護をヤルと言ったのなら動いてください)



 

自然には勝てない

 投稿者:ayusuki  投稿日:2019年 8月27日(火)10時43分53秒
返信・引用
  > No.877[元記事へ]

 今年は、ほんとに異常気象ですね。今月はもう球磨川も川辺川もだめでしょうね。26日は柳瀬吊り橋下で午後から竿を出して見ました。釣れないことはわかっていましたが、ヘチが少し澄んでいましたので・・・しかし、13センチくらいのチビ鮎2匹です。この時期にこんなチビが釣れるなんて考えられません。しかもすぐに岸際まで赤濁りとなりましたので竿をたたみました。自然には勝てませんね。時間もありませんでしたが、一つ瀬川が澄んでるようでしたので移動して見ました。村所橋の下に入れたら即、22~23センチが掛かり6匹程入れ掛かりでした。とにかく時間がなかったので近場を攻めて見ましたら、4時過ぎから5時半まで、ダブルつ抜けでした。いるところにはいるんですね。型もよかったです。是非、西米良村の一つ瀬川へ行ってみてください。特に遠くからせっかくおいでの方達にお勧めします。ただ、場所・時間帯・天気次第ですけどね。あしからず。 球磨川・川辺川は9月3~5日くらいからでしょうね?
 

球磨川

 投稿者:August  投稿日:2019年 8月24日(土)09時35分34秒
返信・引用
  今年は残念な年でした。
お盆前後に行きましたが、本流には釣り師が居ませんでした。
みんな状態が悪いことを知ってらっしゃるんですね。
頑張って竿を出しましたが悲惨な結果でした。
自然相手ですから一概に漁協が悪い訳ではないですが
一段と頑張って欲しいと思います。
このままでは、球磨川はラフティングの川になってしまい
寂しい限りです。
 

気をつけてください

 投稿者:名無しの権兵衛  投稿日:2019年 8月21日(水)22時28分22秒
返信・引用
  夕葉橋という橋近くで刺し網漁している人が、網漁と関係なく友釣りの妨げになるように発泡スチロールを繋いだ石を水面に出ないように多数沈めているという話をコロガシ釣りの方から聞きました。許されるのでしょうか?  

釣れない状況で朗報

 投稿者:kawakappa  投稿日:2019年 8月21日(水)15時43分21秒
返信・引用
  隣人が、船でですが本日鮎を掛けてきました。鮎の方はすくすく育ち
27cm級の鮎が居ました。あきらめずに、獲った方が勝ちです。
 

Re: 球磨川・川辺川が危ない

 投稿者:ayusuki  投稿日:2019年 8月20日(火)11時39分54秒
返信・引用
  > No.872[元記事へ]

 返信ありがとうございました。おそらくそうじゃないかと思ってました。楽しみにいつも見ていたものですからありがとうございました。 漁協に言ってもダメなんですね。残念ですね。こないだ球磨川鉄道から手を振ってくれた子どもたちにごめんねといいたいです。合流点の鉄橋から列車の中から頑張ってと手を振ってくれました。写真に撮っていればよかったなー
 

Re: 球磨川・川辺川が危ない

 投稿者:鮎釣ってみんね!  投稿日:2019年 8月20日(火)09時08分48秒
返信・引用
  > No.872[元記事へ]

ayusukiさんこんにちは。
私のブログに関しては諸事情により釣りが出来ていないため情報が出せていないだけです( ;∀;)
メールや問い合わせに対しては対応させて頂いてますがブログの更新は厳しい状況です。

また、今年は近年の中でも最悪だと思います。
情報提供して頂いているメンバーも「ツ抜けしね~」と唸ってました。

それと、球磨川漁協のHPが問い合わせを削除?しているので私の方に問い合わせがくるわけで、対応出来る事は対応してますが職務放棄はやめて頂きたいです・・・・

https://ayutsutte.com/

 

球磨川・川辺川が危ない

 投稿者:ayusuki  投稿日:2019年 8月20日(火)08時44分35秒
返信・引用
  > No.871[元記事へ]

 今年は・と言うより、近年の川辺川・球磨川の鮎の状況最悪ですね。先般、東京からお出での鮎師さんから
長年、楽しみにこの人吉・球磨に来ていたけど、来年からやめますと言われたました。老後の楽しみで飛行機を使い、レンタカーを借り、ホテルを何泊も借りて、鮎は釣れない・天気は悪い・鮎の放流数は減っている等最悪の状況ですと言われました。地元民としてもほんとに申し訳なく思うばかりでした。このままでは、本当に来客は減り、観光面や漁業組合の収益減・或いは、水質日本一の清流川辺川の名前すら落ちてしまうような感じになりました。自然現象はどうすることもできませんが、放流数や、環境整備などは、関係市町村や県などとの協議などで改善への糸口が見えてくると思えてなりません。組合の方達は、各首長への相談や総代会議などを頻繁に行うべきだと考えます。 ブログにしても、地元Mさん、Aさんの情報は止まったままで、Dさんくらいですかね。頻繁に出されている方は、ほんとに釣れないから出せない状況だとわかっているんですが
・・・・・ これを読まれた関係者の方どう思われるでしょうか?
 

腕なのかな?

 投稿者:鮎ノ介  投稿日:2019年 8月 9日(金)20時28分33秒
返信・引用
  ここ最近・・、球磨川も川辺川も場所選定失敗すると・・・、あんまし釣れません・・、

釣れる場所は5秒で掛かりますがデカイヤツは最初の2~3匹で後はオトリサイズがポロポロ・・、

瀬は青ノリが発生中で深トロの岩盤ハミ痕があるトコ狙いがお勧めします、、

ちなみに本日は他所が釣れない時でも大概は釣れる事で有名な合流点の荒瀬から大淵トロ岩盤を攻めましたが・・時速0.5匹、、しかもオトリサイズ・・、

ハイハイ場荒れですね・・、それならと流心に立ち攻めにくい荒瀬の対岸の左岸攻め、、、、

んで、いつものこの時期なら幅広のデカイ大鮎が愛竿の引き抜き荒瀬SPをギュンーと絞り込む・・、

はずが、、、あれ??なんもアタリが・・、来ない??

諦めかけてたらようやくググン、、で、竿立てたら笑うような、ちいちゃ~い鮎が飛んできました

訳わからないまま荒瀬を諦め大淵の岩盤攻めに変更・・、よし夕方の時合い狙いまで我慢・・、

んで、、後から合流点攻めSPのマサキ君も来て大淵尻の荒瀬吸い込みド流心攻め集中攻撃、、、

んで、、時速0.5匹、、、

お盆休みで遠征組の皆さん・・・、球磨川、川辺川の水量は申し分ないんですが、、、
今年は・・、釣れない、あんまし大きくない、をお覚悟の上で来てくださいね・・・、

釣れる釣れるたの情報はパチンコ屋さんの出る出るレベルだと参考程度で聞いた方が良いかと・・、

まあ当方の腕が悪いだけの話かもしれませんのであしからず・・、
 

鮎友釣り情報

 投稿者:kawakappa  投稿日:2019年 7月31日(水)16時54分13秒
返信・引用
  隣人(花立・船)食い込むと150gにはなりそうな鮎、これから期待できます。  

盛期入り・・!

 投稿者:鮎ノ介  投稿日:2019年 7月30日(火)13時53分19秒
返信・引用
  昨日、柳瀬広場に午後から出撃、、

急瀬、荒瀬の中はまだ白川状態で掛かる鮎は小さくてヤセてました、、

ではと岩盤のトロ場の残り苔が有りのハミ痕有りのポイントにオトリ入れたら23cmクラスの幅広で元気な野鮎がアタックしてきました、、

が、一か所で数は出ません、、後はそんな黒い岩盤探して拾い釣りでした・・、

本日も昼前に川辺川偵察してきましたが昨日より釣り人多数で賑わいの盛期入り、

今日は平日の火曜日・・皆さん仕事何してるのかな?の疑問はどっかに置いといて、、

遠方ナンバーの車も多数、、
今日も群馬や盛岡ナンバーの車が止まってましたが、地元民からすればそんな遠くからわざわざとは思いますが知人の友人関係の台湾の釣り人も毎年来てるし今月ももう数人来てますから川辺川の魅力はモノ凄いんでしょうね・・

ちなみに中流より上流は(四浦付近)は苔の付が全面に出だしてますよ、狙うなら中流から上ですね、、

まだ竿は早瀬クラスで十分でメタルも0.1前後でOKだと思います、、

急瀬、荒瀬竿が満月に絞り込みメタル0.2やナイロン0.4が糸鳴りする感動は来週以降8月のお楽しみ、、

球磨村の大鮎釣り大会も楽しみですが今年はサンラインの大会も球磨村大会の次の日に柳瀬広場下のつり橋付近集合で開催されます、

豪華賞品多数とかです・・・(前回は液晶TVとかサンラインの高級鮎タイツ無料オダーでしたね)

参加締切の90名に対し現在60名との事です、定員で〆切りだそうですから参加希望の方はお早目にどうぞとの事です、、


 

隣人情報

 投稿者:川カッパ  投稿日:2019年 7月30日(火)06時26分24秒
返信・引用
  昨日、船にて友釣りを行ったが、釣果は、小さい鮎が掛かったとのこと、まだ石に苔がついてなく鮎は、痩せているとのことでした。狙い目は、苔の残っているところですかねー  

いよいよ梅雨明け

 投稿者:kawakappa  投稿日:2019年 7月22日(月)16時21分12秒
返信・引用
  川は相当増水していますが、晴れ間が出ていよいよは言う明けの感じがします。
今週土日あたりから、友釣りはできるのではと思いますが、いかがなるかなー
 

大きいですね

 投稿者:ayusuki  投稿日:2019年 7月 5日(金)08時42分52秒
返信・引用
  > No.865[元記事へ]

kawakappaさんへのお返事です。
今の時期としては、結構大きかですね。あとは数があればGOODですね。
先般、大雨に入る前ですけど、川辺川も誰もいなくて、試しに木綿葉大橋の下に入って見ました。上流で右岸に渡り竿を出したのですが、24センチが2匹掛かりました。かなり濁ってましたけど、今後期待できそうです。これからが本番ですね。みなさん頑張ってください。
ちなみに、球磨川おとりのブログのおっさん、日付が4月になってますよ、誤字脱字もありますから訂正しといてね。
 

今年は尺鮎が多いかも

 投稿者:kawakappa  投稿日:2019年 6月25日(火)16時49分6秒
返信・引用
  球磨川、中川原、隣人 球磨川の鮎は6月にしては大きい  

今日釣れた鮎

 投稿者:kawakappa  投稿日:2019年 6月21日(金)16時54分52秒
返信・引用
  球磨川、部品前(隣人)  

リリースしてくださいよ!

 投稿者:鮎スキ  投稿日:2019年 6月12日(水)20時51分8秒
返信・引用
  今日の囮屋報告、なんじゃありゃ、えらく釣れてるけどリリースサイズがほとんどじゃないですか!大きくなって帰ってこいとリリースしてやってくださいよ!そう指導してください。ただでさえ、放流数が少ないのに憤りを感じます。羨ましくもなんも感じません。地元民はそんなことせんよ。15センチ以下はリリースしてほしいなあー  

球磨川上流で雨

 投稿者:川カッパ  投稿日:2019年 6月 5日(水)20時55分36秒
返信・引用
  球磨川は、五日の日は赤濁り、釣り不可、川辺川は釣れます。隣人は、20尾あまり釣ってきました
万江川、胸川もOKです。濁りが収まれば、少し川がきれいになり、球磨川も釣れると思います。
 

少し雨がほしい

 投稿者:川カッパ  投稿日:2019年 6月 3日(月)21時41分24秒
返信・引用
  6月2日の朝は、刺し網は80g平均です。取れ高はまちまちでしたが、昨年より良かった。
隣人は、友釣りは球磨川で、5尾のようでした。今日は、それよりも、多かったようです。
少し、雨がほしいですねー1m位水が出ると鮎がばらけるし、川がきれいになりますので、
良いのですが
 

一場所、二オトリ、三に腕、、なのか?

 投稿者:鮎ノ介  投稿日:2019年 6月 2日(日)10時57分43秒
返信・引用
  午前6時から球磨川本流で竿出し、、

解禁2~3日前から事前に下調べし確実に釣れると選んだ場所で午後まで粘り20~22cmが3匹・・・、

同行のメーカーテスター現役トーナメンターは同クラスを22匹、、

腕の差を見せつけられた・・・

競技会引退した腕と身体の衰えがモロに出たのかな??

まあ引き泳がせの段々瀬狙いとそのスタイルに終始した事が不発の最大の原因と思われるが(同行のテスターは瀬の開きの浅場を泳がせ狙い)

しかし釣れた鮎のやる気のなさが気になる
(同行者と共に釣れた鮎全て解禁にギンギンの追星鮎が皆無とか信じられない)

放流鮎が多数なのが原因かな??しかし天然遡上が多かった昨年も同じだったような・・、

あの誰でもオモリ付けて瀬を攻めると背掛かりバンバンの解禁日なんかもう来ることはない時代になったのかな~

海の磯釣りと同様に釣り道具、釣法が進化すると何故か釣果が落ちてくる方程式があるんだよね


ちなみに川辺や球磨川本流の状態を見限った知人は秘密の球磨川支流で午前中に20cmを30匹・・

追星ギンギンだったとか???

ますますわからん・・、

 

/45