teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. 期待!! (0)
  2. 大手企業ビジネス情報(0)
スレッド一覧(全2)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


半導体の方がむしろ危機?

 投稿者:檸檬児  投稿日:2018年10月19日(金)22時54分26秒
編集済
  >げんたさん

 真空管は海外で旧式球の有名どころは新たに別メーカーによって復刻され、だんだんんと高品質になって行っているようですが、半導体は大量生産が基本ですので、作らないとなったら一気に生産中止となるようです。
 TEAC が昨年Wカセットデッキを発表しましたが、困ったのはカセット全盛期には当たり前のように潤沢にあったDolby B NR に対応したIC が生産終了していたことだと聞きました。

 半導体アンプの初段の差動回路に使う安価なFET 東芝2SK30 も生産終了と知った時には「え!?」と驚きました。こんな産業の米レベルの定番の汎用パーツまで生産をやめてしまっては、新たに回路を開発しようとなる研究者にとっても、いきなり敷居が高くなるのではと案じます。

>とうの昔に生産中止になった東芝のMOS・FETですら特性を揃えてもらって、予備も含めて8ペア16個も入手できました。

 私もSTAX イヤスピーカー用OTL アンプ用の6BX7 を2ペア確保してありますが、森田氏の設計が無理しない回路だったようで今だ交換の必要を感じません。
 
 

石アンプでも

 投稿者:げんた  投稿日:2018年10月18日(木)22時58分28秒
  鈴蘭堂のは良いシャーシでしたね。私は好きでした。今はタカチあたりで
代用するしかありません。

>ゼネラルトランス販売が10月初旬から営業を開始したようです。

閉店する店もあれば同じ場所で開業する所もあるんですね。ご紹介の
ゼネラルトランスのHPをのぞいて来ましたが、これ、東栄変成器と
同じ製品のようです。前作の2A3と、ちょうど今設計中のMOS・FETアンプ
用に手元にある電源トランスを確認したら作りが一緒ですね。生産工場
がたぶん、同じなのではないかと思います。

タンゴに続きタムラも生産中止ですか・・・良いトランスメーカーが
次々に撤退していきますね。管球派にはますます厳しい製作事情になり
そうですが、それは石アンプでも同じだそうです。YAPさんが年々、良い
素子の入手が難しくなってきていると言ってました。
それでも私は今の所、不便はそれほど感じていません。とうの昔に生産中止に
なった東芝のMOS・FETですら特性を揃えてもらって、予備も含めて8ペア16個
も入手できました。
 

自作が困難な時代?

 投稿者:檸檬児  投稿日:2018年10月18日(木)20時53分24秒
  >げんたさん

 銅箔線の処理により線を巻きつけるのですか。
 長めに巻き付けて途中にヒートシンカーを挟み上の方でハンダ付けすれば電気的接続と強度も両方十分に取れそうですね。
 参考になります。ありがとうございます。

>それにしてもパーツ屋さんは次々に閉店してます。

 シャーシーの鈴蘭堂は大昔に閉店しましたし、そこのモデルのいくつかを引き継いだ奥沢が数年前に閉店したのも困ります。

>対応の悪さに利用するつもりも無かったノグチトランスも閉店しました。

 ラジオデパートの実店舗の店頭での対応も、私もいささか思うところがあります。
 ただ、9月末に閉店したノグチトランスの場所でゼネラルトランス販売が10月初旬から営業を開始したようです。
https://www.tokyoradiodepart.co.jp/tenpo/view/56

 ただ、販売店はともかくとして、メーカーのタムラが緩急用トランスを生産中止してしまったのは痛いです。
http://noguchi-trans.co.jp/digitalcatalog/main/tamura.pdf

 現在はもうそれほど需要が減ってきたということなのかもしれません。
 電源でさえトランスを使わずにスイッチング電源が主流になってまいりましたし。

>根強い自作派は少なからずいると思うのですが、寂しさと時代の流れを感じます。

 自作でなければ味わえない愉しみを知る人はこれからもいるとは思いますが、その意欲に応えるショップ、メーカーはこれから小規模ガレージや海外などこれまでとは違うルートになってゆくかもしれません。
 この趣味を適価で愉しむには、入り口が高くなりそうなのが淋しいです。
 

銅箔テープの処理

 投稿者:げんた  投稿日:2018年10月17日(水)08時49分33秒
編集済
  Jensenスピーカーの取付け、お疲れ様でした。
私達が仕事で扱うCVV-Sや高圧ケーブルなどの電力用ケーブル
は太いのでこの手法が通用するかどうか分かりませんが、銅箔
テープの処理はテープをほどかないまま、より線を銅箔の根元に
巻付けてハンダ付けします。その後に余分な銅箔を処理してから
より線をアースへと落すのですが、線が細いようなので無理かも
知れませんね。

それにしてもパーツ屋さんは次々に閉店してます。部品の入手が
しにくくなって来ました。対応の悪さに利用するつもりも無かった
ノグチトランスも閉店しました。さすがの秋葉原でも、もう商売に
ならないのでしょうね。根強い自作派は少なからずいると思うの
ですが、寂しさと時代の流れを感じます。
 

私は逃げ出せたのですが・・・

 投稿者:檸檬児  投稿日:2018年 9月19日(水)21時09分16秒
  >げんたさん

 今回の札幌での地震はホテルにいた間は自家発電やスタッフの緊急対応が出来ていたので、多少の不便さを感じた程度でしたが、一歩ホテルの外に足を踏み出すと目の前の新札幌駅の様子からタクシー乗り場の状況などから、本当にただ事ではない被害であることが肌で分かってきました。
 周りは見慣れた風景なのに、その中に住民たちの大行列や電気がついていない信号機のありさまや、電話が通じにくくなっていることなど、たいへんな違和感でした。

 私はいわば他所者としてその災害の現場から逃げ出した訳ですが、現地の人達はその現場の中で暮らしを維持してゆかねばならないので、偉そうな事は言えない気分です。
 自分たちの生活の基幹が危ないかもしれない状況にあったというのに、戻るガソリンが足りるかどうかギリギリと言いながら函館まで私を送ってくれたタクシーの運転手さん、電気がなくて機械が動かないのに膨大なフェリー乗客をさばき続けてくれた函館フェリーのスタッフの皆さんなど、私が直接世話になった人達だけでも通常業務をこなし続けてくださったかたがたなど、今から考えてもよくこそと頭が下がります。
 タクシー乗り場でも、順番の来た乗客の人達が並んでいる行列に「XX方面に行くかた、乗り合いしませんか」と普通に声を掛けていた情景も、心に残っています。

 とても「まるで被災者のような目に遭った」などとは言えない気分です。
 幸い、電気等のインフラは回復してきているとのニュースはありますが、それでも直接の死傷者はもちろん地面の液状化や山崩れで生活の基盤を失ったかたがたがおいでですし、その土地を4時間以上身近に走り続けたこともあって、いち早く元の生活を取り戻していただきたいです。
 

お疲れ様でした・・・

 投稿者:げんた  投稿日:2018年 9月18日(火)21時31分59秒
  主張中に「北海道胆振東部地震」に遭われたとは何と言う偶然でしょうか。
TVの報道を見て大変な災害の状況に心を痛めておりましたが、檸檬児さんが
この災害に直面していたとは驚きました。
通常時であれば何の事も無い帰路も、5万円超えのタクシー代(!!!)や、
青函連絡船しか本州への交通手段が無い事など、熾烈を極めた道中だった事が
伺えました。何よりもあの大地震で、檸檬児さんに怪我が無かったのはせめて
もの救いかなと思います。大変お疲れ様でした。
 

プロの力を借りました

 投稿者:檸檬児  投稿日:2018年 8月 2日(木)22時00分13秒
編集済
  >げんたさん

 仕上がったグリルの実物を細部も見ると、もはやアマチュアの力量を越えた精密作業で、いささかお高かったですがやはり本職の力を借りて良かったと思います。
 学生の頃から使い続けた愛着のあるユニットを、愛着があるにしては随分と適当な見栄えのままほっておいたという罪滅ぼし的な気持ちもありました。

 問題なのは、このグリルを注文した横浜関内駅から徒歩ですぐの位置にあった横浜ベイサイドネットがいきなり新潟燕市に引っ越してしまうことです。
http://baysidenet.jugem.jp

 まだ、いろいろ聴いてみたいユニットやお話を伺いたいこともあったのですが、7月28日で横浜の店は閉店となってしまいました。
 とは言え、営業内容は変わらないですし、通販も続けるということで、これからも細かい作業については依頼することになると思います。
 

スピーカーグリル

 投稿者:げんた  投稿日:2018年 8月 1日(水)20時54分4秒
  これはまた美しい組子細工のグリルですね。
何を作るにしても簡単にはいきませんが、これを作る
手間を考えるとペアで1万円はお買い得かと思います。
 

アンプの完成、おめでとうございます

 投稿者:檸檬児  投稿日:2018年 5月21日(月)00時21分45秒
  >げんたさん

 画面で紹介された時に思わず目を剥いた異形の2A3 でしたが、完成したアンプはそれを取り囲む黒黒として堂々とした電源部が圧巻です。
 小出力の直熱三極管アンプでここまで電源部に力を入れた作品はあまり無いのではないかと思います。
 こうなるとメタボとはおっしゃるものの、むしろ球が可愛らしい姿として目に写りました。
 製作記の方も拝読いたしましたが、筐体のがっしりとした(でも優美な曲線)構造が余計な振動などものともしない、音質の向上に貢献していると思います。
 より楽しい音楽生活を愉しまれることとお祝いいたします。

 私のところのカーオーディオ用パワーIC を使いながら、分厚い鉄素材を多用したがっしり筐体に収め、馬鹿馬鹿しいほどの外部電源2台を使ったNEC A-10 復刻アンプをこのところずっと常用するようになったのも、電源と筐体との効用で安心できる音だからと思います。
 

メタボアンプ完成

 投稿者:げんた  投稿日:2018年 5月19日(土)20時10分43秒
  例のメタボ球2A3アンプが完成しました。
電源部を考えに考えた強化型にした結果、全体が大きくなってしまい
「メタボアンプ」という名にふさわしいサイズです。
音の方は電源部を強化した効果だと思いますが、他のどのアンプとも
違う良質な音に仕上り、手間暇を掛けた甲斐がありました。
 

レンタル掲示板
/49