teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


第18回名人寄席

 投稿者:酔々さん  投稿日:2017年 4月20日(木)11時38分33秒
返信・引用
  師匠、「第18回名人寄席」の宣伝(甚兵衛会の部屋)有難うございます。6月14日は、精一杯頑張るぞーっ、演目は「鯉津栄之助」お客さんに「こいつぁえぇ」と云ってもらえたら、
本望です。出演者は、18組の予定です。
枝三郎師匠には「鬼の面」と「阿武松」の2席を演じて頂けますよ。来なけりゃ損々皆さん揃ってご来場下さい。
 
 

稽古再開しました

 投稿者:酔々さん  投稿日:2017年 3月 9日(木)11時13分8秒
返信・引用
  4日にも投稿しておいたように3ケ月ぶりに稽古を再開しました。やっぱり家で独り言みたいにブツブツ云ぅてるよりは、大きぃ声出して稽古するのは、気持もエェし、スッキリしますわ
昨日は台本の準備が出来なくて台本見ずにやったけど、何とかオチまでたどりつけましたわ、次回15日はキッチリやれるよう覚えてしまう積りはしております。先生(師匠)よろしく
 

稽古の再開日近づく

 投稿者:酔々さん  投稿日:2017年 3月 4日(土)12時34分20秒
返信・引用
  例年の事ながら、1・2月は「甚兵衛会」の稽古を休み冬眠しておりましたが、早いものもで、3月も「お雛祭り」も過ぎて、早や4日。いよいよ8日から稽古再開です。演目は冬眠前から取り組んでいた「鯉津栄之助」この噺、三重県の名張にあったと云う「鹿高の関」と云うのが舞台ですが、インターネットで調べても「鹿高神社」と云うのは、存在するのですが、関所はありません。私は史実を確認して稽古するので、今回は、舞台が浮かんできませんので困っとります。まぁ、稽古してる噺やし、6月の本番には間に合うよう仕上げましょう。  

梅の開花早いですなぁ

 投稿者:酔々さん  投稿日:2017年 1月19日(木)14時33分34秒
返信・引用
  枝に花」更新有難うございます。これでHP開く楽しみ増えましたわ。あの梅の花は緑地公園でっかぁ?そぅそぅ、本日、生涯学習センターの講座で「5代文枝13回忌一門会が、3月10日から、12日まで3日間連続で公演されるて聞きましたわ、出演予定者の中に、師匠のお名前が見当たりませんなぁ、見に行きたいけど、夜席やし無理なので、諦めです。文福師匠が「歌謡笑五代文枝一代記」てのをやる予定になってますなぁ、何やら楽しそぉですなぁ。  

ご多忙のよぉですなぁ

 投稿者:酔々さん  投稿日:2017年 1月18日(水)09時49分56秒
返信・引用
  本年に入ってから、更新がありまへんなぁ。ご多忙のようで、結構な事ですわ。「枝に花」も
動楽亭から変動無いし、淋しいですわ。それと「お知らせ」も8月21日以来そのままでんなぁ
3月から稽古で又お目にかかります。お元気で
 

あけおめ、ことよろ

 投稿者:酔々さん  投稿日:2017年 1月 5日(木)15時19分46秒
返信・引用
  正月は、4日までびわ湖の畔で過ごしていましたので、1週間ぶりの、PCです。
年の初めですので、かっての流行語「あけおめ、ことよろ」を使用しました。
4才の孫(男)を連れて行きましたので、ジィチャンは疲れました。
 

甚兵衛会おさらい会

 投稿者:酔々さん  投稿日:2016年12月 9日(金)17時23分7秒
返信・引用
  毎年、吹田市の千里山会館で「年忘れたい夢笑寄席」と称して開催している甚兵衛会恒例の落語会を12月8日に開催した。既に年末に入っているにも関わらず、客足は順調でピーク時には、ほぼ満席(60席程度)の入りになっていた。私の出演は落語のトリで大喜利前
さすがに、この頃になると客数も30人程度。私の演目は「鹿政談」やや分かり辛いオチだろうと思ったのですが、タイミング良く拍手を頂けて、ホッとしました。
 

墓地分譲中

 投稿者:酔々さん  投稿日:2016年12月 3日(土)11時57分37秒
返信・引用
  「枝に花」の写真「墓地分譲中」と書いてますなぁ何宗やろ?私も、もぉ直ぐ80才、ボチボチ墓地でも捜そぉかななんて考える琴もあるんですが、こんなもん買ぉたって息子達が墓参してくれへんかったら意味無いんで、真剣に考えるのは、止めました。  

はからずも師匠に遭遇

 投稿者:酔々さん  投稿日:2016年12月 1日(木)15時19分24秒
返信・引用
  今日は受講中の茨木市生涯学習センターの「魅惑の落語講座2016」の受講日でした。ここで、はからずも師匠に遭遇しました。と云うのは、この講座は講師(演芸評論家相羽秋夫氏)が主
日本の話
芸について講義した語、落語のビデオを鑑賞すると云う仕組みです。今回は文枝一門その2で、演目と演者は「蛸芝居(枝三郎師匠)「花嫁御料(6代文枝師匠(当時三枝)でした。
枝三郎師匠の若々しい頃のようで、茶髪でNOメガネ。NHKの「日本の話芸」から収録したものです。枝三郎師匠の紹介欄には、1960年京都市生まれ、1979年6代文枝師匠 に入門して三太、一九九〇年3代目枝三郎を襲名とあり、このHPの愛読者なら、ご存じの事が紹介されていました。本当に重いもかけあう、師匠に遭遇しました。良かった。
 

講演会大盛況

 投稿者:酔々さん  投稿日:2016年10月17日(月)11時48分33秒
返信・引用
  昨日(10/16)吹田市岸部市民センターで、素人落語サークル{甚兵衛会」の主催で、この会の指導顧問「3代目桂枝三郎師匠」の講演会(落語とその魅力)が開催されました。
聴衆は、200人を超え、多数ご来場され、大盛況でした。この効果で、「甚兵衛会」への入会と、枝三郎師匠ファンが、1人でも増えれば、大成功だっと評価しても良いと思います。大盛況で良かった・良かった。
 

レンタル掲示板
/25