teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:5/257 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

9月の釣り

 投稿者:キャプテン  投稿日:2017年10月 2日(月)23時20分54秒
  通報 返信・引用
  今回シンガポールよりドイツ人Tさんが、日本の魚を釣りたいと言うことでナブラシーズンがほぼ終わった瀬戸内に招待した。サポートにH大生 TK君とTD君が来てくれた。初日は、状況厳しく良型ヤズのナブラを湾内で午前中かろうじて捉え、ヤズ3本。Tさんはチビヤズのみ。またTD君が得意のタイラバで48cmをしとめる!さすが鯛名人! ナブラの様子もなく早めに朝のポイントに戻るとまとまったサワラナブラが!!! TK君、TD君ともに80cmオーバーのサワラを仕留め納竿。 日曜日は事前情報も有り多少期待感は有った。まずは昨日の実績ポイントでヤズ、サワラを釣っていると、浮遊物に何かついている。TD君のペンシルに大物がHIT!何と90cm級シーラで有った。 湾内まで来ているとは温暖化???
早めに情報ポイントへ行くと潮目で大型スプラッシュが上がっており他の船も大物をHITさせていて上がってこない。早速アプローチしてキャストしてもらうとTD君に80cmオーバーのサワラがHIT!!! TK君もブリをHIT! 一気にテンションが上がる。ドイツ人Tさんもキャストを続けるがなかなかHITしない。キャプテンは、モグラたたきの様なサワラナブラへの船のアプローチで手いっぱい。たまにHITさせるもサワラの鋭い歯に新品のスミスを持ってかれた。ようやくドイツ人Tさんに大型サワラがHITし一安心。場所を変えナブラを探していると積極的な大型単発ナブラに遭遇してTK君、TD君サワラやブリやらHITさせお祭りとなる。キャプテンもようやくブリをHITさせ取り込む。もう氷がないとのことでSTOP Fishing。さあ帰ろうと船を進めるとまたあちらこちらにナブラ発生で帰れない。ようやくサワラのナブラを断ち切り船を進めるとさらに大型の夏ような大ナブラが出ては島の岸に追い込みヤズ、ハマチまじりのナブラが1時間近く沸き釣ってはリリースの大変なことになった。ドイツ人のTさんもさすがに釣り疲れたので満足して納竿とした。7月依頼の爆釣となり楽しい9月の釣りとなる。ナブラ頻度激しく操船多忙でキャプテンの写真撮ってもらうの忘れた。(泣  
 
 
》記事一覧表示

新着順:5/257 《前のページ | 次のページ》
/257