teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


番組事情

 投稿者:クラスター  投稿日:2012年11月 7日(水)16時31分45秒
  香港映画「男たちの挽歌」シリーズBS、BSともに最近やっていない。韓流に押されてるな。  
 

おらが春

 投稿者:そのべ  投稿日:2010年 5月 2日(日)16時25分5秒
  内定出ました。

横浜郊外にある会計事務所です。そこそこな規模なんで、税務だけでなく、マーケティングみたいな仕事にも関われる可能性はあるし、先生もスゴイ人なんで、学ぶことは沢山あるでしょう。
薄給だろうとは思いますが、全国転勤がなくて、中小企業の経営サポートに関われるっていうだけで十分。下積みをしながら、地道に税理士の科目合格を積み上げていきます。

日本の村社会的な閉塞感に悩む前に、まず自分の村を活用しなくてはね。同じ地元の人がいたり、高校のネームバリューが効いたり、といった面接は初めてでした。結局、人間っつーのはそんな些細なことで仲間意識を感じてしまうもので。

あと、「学生時代に何をやってきましたか?」というお座なりの質問を一切されなかったのがよかった。この話題が出ると「テニサー」、「トークイベント」、「マスコミ志望」というワードが散りばめられて、どうも俺が社会からあるべきとされているキャラクターと乖離してしまうようなので。

結局、就活でよく取り沙汰される


「コミュニケーション能力」


って、なんだったんすかね?

多分、重要なのは、お喋りのテクニックではなく、そいつの生き方、展望、蓄積、さらには出自に「シンパシー」を感じられるか否かなんじゃないかね。

「ソノベは就職できない」→

「ソノベにはコミュニケーション能力がない」→

「コミュニケーション能力を高めるには沢山の人と会話をしなくてはならない」→


「アルバイトでもすればぁ?」


と、いうロジックからのアドバイスが各方面の友人から多々寄せられたものです。

が、「シンパシー」というモノサシで考えると、これは妥当な解ではないことは自明です。

「アルバイトをしながら勉強するなんていう姿勢はスバラシイ!!」って考える人もいれば、「アルバイトをしながら勉強に集中できるわけがない!!」って考える人もいるわけで。つまり、他者と共感を形成してコミュニケーションを深められるようになるための取り組みは、「誰とコミュニケーションをとりたいのか」に依存する。ここに焦点が合わないと、本当の意味での自分の「能力」を適切に評価できなくなり、混乱する。就活時の苦悩の根っこはここにあるのでしょう。
苦悩しない方々は、相手が何を求めているのかを察知する感度が鋭く、かつそれに合わせて自分の立ち居振る舞いを変えられる人種。確かに、これも有用な「能力」。だけど、これは半生の生き様から形成された性格の面が強く、誰にでも真似することができる類のものではない。できるとしても、人生選択を「立ち居振る舞い」で決めてしまうことに抵抗がある人もいる。

こんな「コミュニケーション能力」なんつー抽象概念で採用を決めるなんていう建前は、組織内部の都合を曖昧にするための詭弁。「能力」なんていう言葉を使わないで、


「組織の中核となる人材は履歴書レベルで大体フィルタにかけるんで、あとはなんとなく気が合いそうな人を採ります。」


でいいのにね。
 

何欲も満たされず

 投稿者:そのべ  投稿日:2010年 3月17日(水)19時37分59秒
  で、無事実務補習も終わり、登録にこぎつけることができました。

前回の書き込みから少しずつ内部の情報が入るようになり、この謎が多い世界のメカニズムも次第に見えてきた気がします。当時、「寡占労働市場にアクセスできるようになるから食いっぱぐれることはない」とか調子いいこと書きましたが、そう簡単なものでもなさそうです。
「寡占労働市場にアクセスできるようになる」までは、まぁ真実。で、「食いっぱぐれることがない」状態ってどんくらいを想像しますか?年収600万くらい?

恐らく、大企業勤務クラスの収入を安定して稼げるようになるまでは資格試験以上の競争に勝つ必要があるでしょう。例えば、診断士向けに海外派遣業務の高収入の公募があっても、枠は2人とか。100人の応募があれば50倍。TOEIC800越えやら、商社での勤務経験がある人やらがウジャウジャいる中で、俺なんかが勝ち取れる可能性はないわけっすね。
それと限らず、結局仕事を取るには、個人の蓄積した専門性やら資質やらヤル気やら人脈やら次第。それらが十分に備わっている人には相応の「場」が提供されるっていう感じでしょう。
つまり、それらが欠けている人間には分不相応な資格なのかもしれません。吉本興業に所属して、バラエティに出ても何一つ面白いことが言えない芸人みたいなもん。そんな悲惨な状態になるくらいなら、まずは企業内で真面目に仕事をすることにエネルギーを注いだ方が有益でしょう。

そういうことで、相変わらず未来は見えていません。とりあえず、人生V字回復っていうわけには行かないことは確か。
つっても、サスガに有資格者向けアルバイトくらいは見付かるだろーから、死にはしないと思うけど。まぁ、20代で結婚するのは無理だわ。

そうなると、タメ以上の女の子で

「20代の内に結婚したい!!」

っていう希望を持つコは片っ端から恋愛対象から外さなくてはならないわけか…。

うーん、日に日に人生の選択肢が狭まっていく気がする。
 

労働の疎外

 投稿者:そのべ  投稿日:2010年 2月15日(月)08時36分30秒
  辞めるつもりだったんだ…。とりあえず診断士を取れば、リクナビやハローワークとは別の寡占労働市場にアクセスできるようになるから、食いっぱぐれることはない(らしい)よ。
指導担当員の話を聞けば聞くほど、つくづく、日本ってのは閉鎖的な村社会すよ。そして、このご時世では、正社員ってのも一つの特権階級だけどね。
 

資格とるわ

 投稿者:つち  投稿日:2010年 2月 2日(火)15時27分6秒
  今年は勉強の一年にします。

なので、会社辞めるタイミングずらすかもです。
 

ちなみに

 投稿者:そのべ  投稿日:2010年 1月23日(土)18時07分37秒
  渡邉美樹社長は

マイケル・ポーター
フィリップ・コトラー
ピーター・ドラッカー

の三人の著作を読めば十分みたいなコトを雑誌で宣っています。診断士受験対策としては賛成しかねますが、単純にビジネスマンの教養書として読むとするなら同感。
 

中傷奇病死んだし

 投稿者:そのべ  投稿日:2010年 1月17日(日)11時51分55秒
  中小企業診断士…合格報告とかしても


「ナニソレ?」


みたいなリアクションばっかりです。特に女の子。
「中小企業」っていう響きにダサい臭いが漂っているのでしょうね。まぁそのあたりも俺にはピッタリかと思います。

そんなビミョーな資格を取りたいとか考えている硬派な人がいるのかわからないけど、一応情報提供します。大企業勤務の皆さんや、起業を考えている方は三十代とかになって取得を目指す可能性があると思うんで、記憶が新鮮な内に何か残しておきます。

まず言いたいのは、

「予備校の授業に勉強のペースを合わせるな」

ってコト。

講座の名前に『1、2次ストレート合格』とか書いてあってテンション上がったりするけど、授業内容だけでは『ストレート合格』し得ません。その証拠に、ちゃっかり『上級』とか設置してあって情報を出し惜しみしていますからね。受講生から搾取する気満々。それまでに知識のストックがある人には可能かもしれませんが、門外漢には無理。
授業レベルと試験レベルのギャップを強く感じたのは、経営学、財務会計、経営法務の3科目。賢い受講の仕方としては、テキストは早々と最後まで読んじゃって、自習時間はテキスト末尾の「参考文献」を中心に当たることでしょう。寧ろ、受講し始める前にこの3科目の勉強だけは自分でやっておくのもいい手だと思います。

経営学…あえてザックリ言えば、ハーバード大、一橋大、神戸大教授陣の解説本や入門書を読んでおけば損することはない。二次試験でもふとした時に生きる。更にザックリ言えば、日本経済新聞社の日経文庫、ゼミナールシリーズ、マネジメントテキストシリーズは時間が許す限り読むべき。「堀口裕介」さんという編集者がイイ本を手掛けてるんだわ。「はじめに」の末尾に彼への謝辞があったらその本は間違いない。

財務会計…簿記二級レベルはあらかじめクリアしておくと楽になる。一級レベルの知識があればもう楽勝。さらに、証券アナリスト二次(コーポレートファイナンス)のテキストに目を通しておくとよい。
この科目は一次試験では満点取るつもりで挑んで構わない。他の資格への汎用性もある。

経営法務…七割狙って余分に勉強していたハズなのに、足切り寸前でマジ危なかった。授業内容に頼りきっていたら終わってた。事前に勉強する意欲が湧きにくい科目の上、範囲は膨大。会社法、民法はいいテキストが沢山あるからカジっておいて損はない。知的財産法も重要だけど、頑張ればテキストレベルで対応できる。

早い話、独学の積み上げが一番の近道ってコト。人の記憶ってすぐ消えるように感じるけど、ゼロになることはない所がミソ。筋トレと同じ感覚だと思う。

ただし、


筋トレと違って、

どんなに頑張って、

資格を取っても、



モテないよ。
 

同年代のぉ友人達がぁ家族を築いてくぅ

 投稿者:そのべ  投稿日:2009年12月11日(金)22時37分19秒
  診断士試験の二次筆記通りました。あとは99%受かる口述試験のみ。

まぁ
一般に言われる合格平均勉強時間(1000時間)の三倍はやったわけだから、そりゃ受かるわ。

寧ろ、公務員試験に費やした勉強時間も踏まえれば、この結果だけでは全っ然チャラになってませんから。

新卒で入社した皆とは社会的地位も年収も雲泥の差…。「追い付こう」なんつーことは考えちゃ駄目なんだけどね…。



とりあえず、

早く働いて、

稼いで、

風俗行きたい。
 

みんな生きている

 投稿者:そのべ  投稿日:2009年10月29日(木)18時09分17秒
  ハローワークがパンクしてました…。戸塚っていう一地方のハローワークが、ですよ。



つくづく、不況…ですね。


この国は滅びるのではないのだろぉか。僕は一生就職できないのではないだろぉか。一生彼女もできないまま死ぬのではないだろぉか。

いや、それはまだ我慢できる。

問題なのは、
金に余裕がなければ一生風俗にも行けないことだ!!

とりあえず、診断士…受かってますように…。主観からの合格可能性は五分五分。
100%受からなきゃいけないくらいの量をこなしたのに…

五分五分…。
 

風営法の倫理と資本主義の精神

 投稿者:そのべ  投稿日:2009年 9月10日(木)10時17分31秒
  中小企業診断士一次試験、結果出ました。

経済学   80
財務会計 80
経営学   64
運営管理 91
経営法務 45
経営情報 64
中小企業政策 63

合計487点


無事合格。


合格ラインは六割(420点)なんで、ヨユーに見えるんすけどね。実はカツカツでしたね。
四割切りが一つでもあれば足切りだったんで…。

日頃から法律が嫌いだからなぁ。(先日、お世話になったことのある堀ノ内の風俗が摘発されました。)
 

レンタル掲示板
/11